<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

関連する病気

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞


* 不安神経症 [精神科・心療内科]
* 過敏性腸症候群 [内科(系)・消化器内科・胃腸科・心療内科]
* 過換気症候群 [内科(系)・呼吸器内科・心療内科]
* 心臓神経症/神経循環無力症 [内科(系)・循環器内科・心療内科]
* 甲状腺機能亢進症/バセドウ病 [内科(系)・内分泌代謝内科・心療内科]
* (心的)外傷後ストレス障害および外傷性精神障害〈精神科〉 [精神科・心療内科]
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 08:36 | パニック障害とは

燃える水として身体を活発に動かすために

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞

 ・キャノーラ油(純正菜種油)
 ・オリーブオイル
 ・ゴマ油
 ・大豆油
 ・ピーナッツバター(保存料、添加物無しの品限定)



 
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 08:11 | 安全な油

治療に使われる薬と一般例

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞

 いまも昔も、精神病に関してあまり良い目で見られておらず、技術と原因解明の進化はしつつも
薬物投与で直すのが一般的といわれております。
 
 医者は、不安を取り除くために薬を処方しますが、患者は薬でゆっくりと治るとは思えず不安だけが残るケースも後を絶ちません。
 ですが、現在の科学では薬の種類は個々に対応できるレベルまで種類を増やしてあります。
 飲み忘れず、飲まないで放置するようなく、こつこつ飲み続けるのが改善の役にたつことでしょう。

 心療内科・精神科で使用する薬について

 心療内科や精神科では他の科と異なり、体ではなく心の部分に作用する薬剤を主に使用します。基本的に安全性の高い薬が多いですが、特殊な副作用を起こすこともあり注意が必要です。比較的処方される頻度の多い薬を、以下に大きく4つに分けて説明します。

1)抗うつ薬
 抗うつ薬は主にうつ病の方に使い、気分の落ち込みや気力の低下を治療するために使用する薬剤です。SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)やSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)は数年前から保険適用となった薬で、以前からの抗うつ薬に比べて副作用が少ないため、現在、うつ病やパニック障害の治療に広く使われています。いずれの薬も効果を認めるまでに数週間かかるので、医師の指示に従ってきちんと用量を守って飲むことが大切です。

[1]SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)
 神経伝達物質のひとつであるセロトニンの神経末端への再取り込みを抑えることにより、抗うつ作用を発揮します。不安な気持ちを抑える作用が強く、うつ病だけではなくパニック障害や社会不安障害、強迫性障害の治療にもよく使用されます。悪心や眠気の副作用が時々ありますが、内服を続けるうちに改善するケースが多いです。安全性の高い薬ですが、急に服用量を変えるとセロトニン症候群と呼ばれる強い反応(発熱・動悸・倦怠感など)を起こすことがあるので、増量時だけではなく減量時にも注意が必要です。

〔処方例〕
 ・うつ病・パニック障害に対し
 パキシル(10mg)  1回3~4錠1日1回(夕食後)
 プロメール(25mg)  1回2錠1日2回(朝夕食後)
 ・社会不安障害に対し
 ルボックス(25mg)  1回2錠1日2回(朝夕食後)
 ・強迫性障害に対し
 キシル(10mg)  1回4~5錠1日1回(夕食後)
 (いずれも少量より時間をかけて増量する)

[2]SNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)
 SSRIと異なり、セロトニンだけではなくノルアドレナリンの再取り込みも阻害します。神経末端でノルアドレナリンの濃度を上昇させるため、やる気を出す作用が強いのが特徴です。副作用についてはSSRIとほぼ同様ですが、眠気をきたすことはほとんどありません。

〔処方例〕
 ・うつ病に対し
 トレドミン(25mg)  1回2錠1日2回(朝夕食後)(高齢者は最大1日60mgまで)

[3]その他の抗うつ薬
 最近はSSRIかSNRIが第1選択薬として処方されることが多いですが、それ以外にも以前から用いられてきた多くの抗うつ薬があります。SSRIや SNRIが効かないときに用いたり、一緒に併用することもあります。上記の抗うつ薬と比較するとやや副作用の発現頻度が高く、主なものとしては、口渇・排尿障害・動悸・食欲亢進・眠気などがあります。うつ病では食欲低下や不眠を認める方が多いため、あえて副作用を治療的に利用することもあります。

〔処方例〕
 アモキサン(25mg)  1回2~3錠1日2回(朝夕食後)
 ドグマチール(50mg)  1回1錠1日3回(毎食後)(うつ病の食欲不振に対して) 
 デジレル(25mg)  1回1~2錠1日1回(就寝前)(不眠に対して)


2)抗躁病薬、気分調整薬
 躁状態(うつ病の反対で、気分が病的に高揚してしまう状態)の患者さんや、気分の浮き沈みの激しい患者さんに使用して、気分の変動を落ち着かせるために用いる薬です。躁うつ病の患者さんには抗うつ薬と一緒に使うこともあります。抗うつ薬と比較し副作用の出やすい傾向があり、高用量で使用する場合は定期的な血中濃度の測定が必要です。

〔処方例〕
 リーマス(200mg)  1回1錠1日2回(朝夕食後)
 デパケンR(200mg)  1回1錠1日2回(朝夕食後)


3)抗不安薬、安定剤、睡眠薬
 気分を落ち着かせる作用の強い薬で、マイナートランキライザーとも呼ばれます。抗不安作用や催眠作用に応じて抗不安薬、安定剤、睡眠薬などと名前が変わりますが、ほとんどがベンゾジアゼピン系と呼ばれるもので、基本的には同じ種類の薬剤です。他の薬に比べて即効性があり、不安や不眠を認める多くの疾患で高頻度に処方されます。適切に使用すれば安全性の高い薬ですが、依存性が強くなかなかやめられなくなるのが欠点です。また眠気やふらつきの副作用があり、服用中は車の運転や飲酒などを避けていただく必要があります。

[1]抗不安薬、安定剤
 睡眠作用よりも抗不安作用が強く、不安症状の改善を目的に使用する薬です。筋弛緩(きんしかん)作用もあり、肩こりや頭痛に対して処方することもあります。

〔処方例〕
 デパス(0.5mg)  1回1錠1日3回(毎食後)
 ソラナックス(0.4mg)  1回1~2錠1日3回(毎食後)
 ス(1mg)  1回1~2錠1日1回(就寝前)


[2]睡眠薬
 睡眠作用の強い薬で、主に就寝前に内服します。睡眠障害のパターン(寝つきが悪いのか、夜中に起きてしまうのか、など)によって、効果時間の違う薬を使い分けます。

〔処方例〕
 マイスリー(5mg)  1回1~2錠1日1回(就寝前)
 ベンザリン(5mg)  1回1~2錠1日1回(就寝前)
 サイレース(1mg)  1回1錠1日1回(就寝前)


4)抗精神病薬
 幻覚や妄想を抑える作用が強い薬で、主に統合失調症の治療に用いられます。抗不安薬と対比してメジャートランキライザーとも呼ばれます。抗不安作用や睡眠改善作用も強く、症状の強いうつ病や不眠症の患者さんに使用することもあります。副作用としては口渇・排尿障害・食欲亢進・薬剤性パーキンソニズム(薬によるパーキンソン病様症状)などを高頻度に認めるため、服用量が多い場合はあらかじめ副作用止めの薬もあわせて内服することが多いです。また極めて頻度は低いものの、悪性症候群と呼ばれる発熱、嚥下(えんげ)困難、筋強剛(きんきょうごう)、発汗などを特徴とする重症の副作用をきたすことがあり、このような症状が出現した場合は早急な治療が必要です。

〔処方例〕
 セレネース(0.75mg)  1回2錠1日2回(朝夕食後)
 リスパダール(1mg)  1回1錠1日2回(朝夕食後) (石澤哲郎)


※ 「標準治療」は診療活動をする専門医により行われている一般標準的な治療法の解説です。厚生労働省や学会で作成した「ガイドライン」そのものではありません。
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 07:47 | 薬情報

パニック障害の一般的な治療法

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞

 パニック発作を薬物によって完全に消失させることが先決です。パニック発作にはSSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitors:セロトニン選択性取り込み阻害薬)は即効性がないので、まず、ベンゾジアゼピン系抗不安薬で一刻も早くパニック発作をとめることが大切です。
 それと同時に、この病気の理解と対処法の患者教育を受けることも大切です。それにより病気に対する不安が軽減され、発作も減少していきます。精神療法としてパニック発作に対する認知療法、広場恐怖に対する行動療法も非常に効果があります。
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 07:42 | パニック障害とは

パニック障害の症状

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞

パニック発作の症状事例



・パニック発作
 [1]心悸亢進(しんきこうしん)、心臓がどきどきする、または心拍数が増加する
 [2]発汗
 [3]身震い、手足の震え
 [4]呼吸が速くなる、息苦しい
 [5]息が詰まる
 [6]胸の痛みまたは不快感
 [7]吐きけ、腹部のいやな感じ
 [8]めまい、不安定感、頭が軽くなる、ふらつき
 [9]非現実感、自分が自分でない感じ
 [10]常軌を逸してしまう、狂ってしまうのではないかと感じる
 [11]死ぬのではないかと恐れる
 [12]知覚異常(しびれ感、うずき感)
 [13]寒気または、ほてりやそのほかに、口の渇き、腰がぬけるといった発作症状が突然発症し、多くの場合、数分から数十分持続して自然に消失します。


・予期不安
 パニック発作がまた起こるのではないかと強く恐れます。この恐れのために生活様式が変化します。この予期不安はパニック障害の中核症状です。


・広場恐怖
 パニック発作を強く恐れて、すぐ逃げ出せないところ、助けがたやすく得られない状況を忌み嫌い、回避する状態を広場恐怖といいます。パニック障害を発症した人の3/4は多かれ少なかれ広場恐怖が出ます。


・非発作性愁訴(しゅうそ)
 激しくなく、持続的な種々な症状。急性期を過ぎると出現します。具体的には、息苦しい、胸がザワザワする、地面が揺れるような感覚、頭が重い・痛む、体が重い、目がちくちくする、血の気が引く、頭の浮動感、雲の上を歩く感じ、手足がしびれる、微熱、耳がツーンとする等々。


・パニック性不安うつ病
 気分の浮き沈みが激しい、夕方近くや夜になると理由なく泣く、時に自傷行為、食欲亢進、寝ても寝ても眠い、体が重りをつけたようにだるい、言葉に敏感に反応して切れたり、強く落ち込む、いろいろな逸脱行動が出る。



上にあげた症状はいろいろな言葉で表現されます。


・心悸亢進:「体全体がドキンドキンといっている」「心臓をギュ-と掴まれたようだ」「喉から心臓が飛び出しそうな感じ」


・呼吸困難:「空気が薄い感じ」「息の吸い方はき方がわからない」「喉がえずく(ウッウッと息を出すこと)」「閉じこめられてしまった感じ」


・めまい:「頭から血が抜けていく感じ」「頭の血管がプツンした感じ」「頭を後ろに引っ張られるよう」


・腹部不快感:「胃をギュ-と掴まれて引っ張りあげられる」「おなかがフニュフニャして変な感じ」


・非現実感:「雲の上を歩いている」「頭に霞がかかっている」「ベ-ルをかぶっている」「自分が自分でない感じ」「自分をもう一人の自分が外からみている」


 ここにあげた発作症状にともない常にある症状は激しい不安感です。
 この不安は、「どうしようも出来ない」「いても立ってもおられない」「身の置き所がない」「走り出したくなる」「大声で叫びたい」といったように表現されます。
 身体症状による二次的な不安もありますが、中心症状となる不安は、心の底からわき起こってくる不安そのものです。
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 07:39 | パニック障害とは

パニック障害の概要

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞

  『不安障害』の中に位置づけられる病気の一つ。
  以前は、『不安神経症』といわれていた。

  『不安神経症』とは違いう点として
  
    ・薬がよく効くこと。
    ・いくつかの物質(カフェイン、乳酸、炭酸ガスなど)の投与でパニック発作が誘発されうること
   ・睡眠中に起こる発作は怖い夢を見ている時ではないこと
  
 などといった知見が基礎となってパニック障害といわれるようになった。


  病気の中心症状は激しい不安。
  形容のしようがない体の底からわきあがる理由のない不安と種々な不安の身体的症状からなるパニック発作が急性期の中心症状。
 いろいろな体の症状を出しますこの病気が診断されるまでに多くの医師を訪問する患者さんが時々みられます。
  医学的検査で異常がなく、繰り返し、または、持続的にいろいろな身体症状が出る場合はこの病気を強く疑う必要があります。
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 07:30 | パニック障害とは

パニック障害の歴史

懸賞 2008年 11月 21日 懸賞

 1960年頃、米国のクラインという精神科医が、当時「不安・恐怖反応」と診断していた一群の患者にイミプラミンといううつ病の薬を投与したところ、10人中10人ともいわゆるパニック発作が消えてしまったのを観察しました。
 これが研究の出発点となり、1980年に米国精神医学会の分類で「パニック障害」という病気としての概念が公にされました。
 パニック障害というのは、ある種の薬が著名に効果を現したことから他の病気から区別された病気です。
[PR]

by garudelia | 2008-11-21 07:26 | パニック障害とは